初めて書かせて頂きます。3月から連携室で勤務しておりますZと申します。
まだ1ヵ月にもなりませんが、徐々に病院の雰囲気に慣れていきたいと思います。
連携室での仕事は初めてなので、覚えることが沢山です目
そんな中、新型コロナウィルスも急激に広がりを見せており、現場スタッフはバタついている姿を見ると、何かできることはないか?と同時にどうか体調を崩さないようにと日々思っております。
日々、状況が変わるため病院は慌ただしい感じですが、まず私は自身の仕事を覚えて頑張って
いきたいと思います。
posted by 門司病院 at 2020年04月03日 | トピックス
みなさま こんにちは。
年始にということで、本日は少しだけ明るい話ができたら!と思います(^o^)

さっそくですが、みなさんには「夢」ってありますか??
小さなゆめからおおきなゆめまで十人十色だと思います。私は、一昨年次男の文化祭に行ったんですが、その学年は好きな一文字を習字で書いたものが掲示されていました。たくさんの一文字が並んでるなかでわが子はどの文字を書いたのだろうかと探していると彼は「夢」という字を書いていました。予想していなかった文字と選んだ理由を目にして「へぇ〜そうなんだ」彼の大事にしていることはこういう事なんだと改めて知り、丁寧に書かれた文字に思いを馳せ思わず写メをとりました。
それから数か月たって受験シーズンに突入前に彼から思わぬ言葉を聞くことになりました。他県の高校に行きたいというのです。理由はもちろん夢をかなえるため!!です。私を含め厳しい現実を知る大人たちは数か月かけ考え直すように説得??してきましたが、結果的には彼の気持ちに負けてしまいました。気づけばあと1枚カレンダーをめくると旅立つ息子を目の前に心の準備をしてきたつもりですが、毎日ザワついて涙している私です。が、いつまでも泣いているわけにはいかないのでひらめき彼が夢にむかい彩ある日々を送れるように応援することを私の夢にしていきたいと思っていますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
そして患者支援でも「夢」への実現への視点を入れてみてもよいかもるんるんと思うMSWでした。exclamation
posted by 門司病院 at 2020年02月20日 | トピックス
みなさま こんにちは
地域医療連携室のMです。
12月に入り、更新ができていないことに一人悶々としておりましたがようやく落ち着いてパソコンに向かうことができていますわーい(嬉しい顔)
院内では年末年始にむけて業務の滞りがないように奮闘しているところですが・・・
最近は患者さんの家族にむけた支援について悩む?日々が続いております。たくさんの患者支援の中では家族背景も様々です。家族はいるのに支援できない」、というご家族に出会うことも多々あります。そんな時に「ひどい息子さんだよね」「娘さんなんだから支援してくれてもよいのに」という言葉を耳にすることがあります。が 一言では片づけられない親子関係、家族関係があることがほとんどです。私たちはその方の人生を歩んできてはないので100%の理解はできない事を前提に想像力をもってその方の人生を共有しながらも当の患者支援をしていかないといけないのかなと思っています。入り込みすぎてはこちらも飲み込まれてしまいますので適度な距離も必要です。本当に難しいなあと痛感します。
今後ますます家族問題は多岐にわたり複雑化してくると予想されます。
対応するスタッフもスキルアップが求められますねふらふら
posted by 門司病院 at 2019年12月18日 | トピックス
皆さん初めまして(^^♪地域医療連携室Cと申します。
10月から配属になり、まだまだ慣れないことや分からないことが多々ありますがたくさんの方々に支えられて何とか毎日の業務に取り組むことができています、ありがとうございます晴れ
地域と医療のつなぎ役として活躍できるようにこれからも頑張ります犬どうぞよろしくお願いします(^^)/

さて、10月23日に「第6回門司区在宅医療連携会」が開催されました!
IMG_3948.JPG

今回はくにひろ社ノ木クリニック 國廣充先生に「私のこれまで、これから相談会」というテーマでご講演していただきました。
ACP(アドバンス ケア プランニング)や事例の話を通してチームアプローチの大切さを再確認し、また患者様ひとりひとり丁寧に携わっていこうと身の引き締まる思いになりました。
DSCN0049.JPG

その後の懇親会では料理をいただきながら歓談し、楽しく有意義なひと時を過ごすことができました。バーぴかぴか(新しい)
DSCN0112.JPG

参加してくださった登録医の先生方、登録介護施設の職員の皆様へ心より感謝申し上げます。
今後とも、地域医療連携室をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
posted by 門司病院 at 2019年11月07日 | トピックス
みなさま こんにちは。
先月に当ブログにてお知らせしておりました糖尿病クラブでの兄弟小(ちょーでーぐわ)のみなさんによる三線演奏会カラオケを昨日、大盛況で終えることができました。
今年で3回目になるのですが、今年はより多くの方に素敵な音楽を聴いてほしいと思い栄養課&リハ課と一緒に入院患者さんもお声かけをし、楽しい時間を過ごすことができましたるんるん三線の音色に沖縄民謡、アップテンポの曲もあれば母子の愛の歌のときには涙ぐまれている方もおられ、そして最後にはみんなでリズムをとりながら楽しい一時を過ごすことができましたexclamation×2
DSCN0006.JPG

DSCN0032.JPG
かわいい誰かを楽しませるには、まず自分が楽しまないと何かを提供することはできませんね(^o^)
ちなみに・・入職1週間目の新人MSWも大役を果たしてくれましたぴかぴか(新しい)

posted by 門司病院 at 2019年10月09日 | トピックス
こんにちは。地域医療連携室のMです。
朝、晩の風がだいぶ冷たくなり秋を体感できるようになりましたね。
地域医療連携室では来月の連携会の準備に追われているところですが、個人的に同じく来月に開催される糖尿病倶楽部での演奏会準備にテンションが上がっているところです。
当院の登録介護施設になっていただいている施設の管理者さんが趣味で三線を弾いている♪♪というのを耳にして是非当院に慰問してほしいexclamation×2とお願いしたところ快くお引き受けいただき、今年で3回目となります。
三線の音色に癒される贅沢な時間をもっと多くの方に聞いて欲しいと思い、今年はリハビリ課に相談し、入院患者さんにも聞いてもらい、音楽にあわせてリハビリもやってもらおう!!とうことになりました!(^^)!
昨日、打ち合わせをさせていただき、当日がとても楽しみになってきましたぴかぴか(新しい)
当日の模様はまた後日紹介させていただきまするんるん
ブログ.JPG

ブログ2.JPG

posted by 門司病院 at 2019年09月19日 | トピックス
みなさま こんにちは。
猛暑突入です晴れ熱中症対策をどうぞお忘れなくexclamation×2

さて・・・地域医療連携室では毎週ソーシャルワーカーだけでグループワークの時間を設けています。個人の気になるテーマについて研究発表の日もあれば、日頃の業務に対する話し合いなど多岐にわたって時間を使っています。最近2週にわたって行ったのが「〇〇な気持ちになるのはどんな時?」というテーマで意見を出しあいました。陰と陽の気持ちに対してそれぞれが出し合ったのですが、見事に個性が現れました!(^^)!
他者を知り、自己も知る事ができしかもとっても楽しかったです。
みなさまも是非やってみてはいかがでしょうかexclamation&question
                                  地域医療連携室  M
DSCN0023.JPG



posted by 門司病院 at 2019年08月02日 | トピックス
みなさん、こんにちはるんるん
ひさしぶりにブログに登場いたしました連携室看護師Tです。
患者様の生活してこられた今までの話、趣味、生活のこだわり、嫁姑問題、子育て、介護などの話がきけるのが自分の生活にも役立っています。先輩方の話は説得力がありますねひらめき
私は地域を支える介護、医療関係者、家族の方と連携を深め、患者様が思いをえがく生活をサポートできたらと思っています。毎日起こるいろんなできごとが私自身の刺激になり、勉強になっています。これからも宜しくお願い致します。そんなわたし、子育てと介護を実践中です手(チョキ)
posted by 門司病院 at 2019年07月01日 | トピックス
みなさま こんにちは。
当院では毎月1回地域の方々にむけた健康セミナーを開催しておりますが、毎年5月は5月12日の看護の日にあわせ、看護部より講座をさせていただいたり薬剤師、看護師、栄養士による健康相談のコーナーを設け、地域に方々に活用していただいております。今年もたくさんの方に参加いただきましたexclamation×2
さらに今年は最後に看護部からの愛揺れるハートのメッセージ付きプレゼントプレゼントもお持ち帰りいただきましたわーい(嬉しい顔)

来年もお楽しみにぴかぴか(新しい)
RIMG0090.JPG


RIMG0080_LI (2).jpg
RIMG0084.JPG
posted by 門司病院 at 2019年05月24日 | トピックス
みなさま こんにちは。
先日、当院にて今年度2回目の介護従事者・医療従事者研修を行わせていただきました。
昨年までは当院に登録いただいている施設を対象とさせていただいておりましたが、今年度より対象を拡大しご案内をさせていただいております。
今回は言語聴覚士(ST)による「嚥下について」の講座を開催し、実際にトロミづけ体験や嚥下造影検査の映像を見ていただきました。研修後の質問タイムでは色々なご質問を承り、またアンケートでは研修会の内容に対するご意見や感想をたくさんの方が記入いただいておりました。次回の参考とさせていただく内容ばかりで感謝・感謝ですぴかぴか(新しい)
これからも地域の事業所の方々の声を聴きながら、よりよい研修会を開催していきたいと思っていますexclamation×2  地域医療連携室

DSCN0035.JPG

DSCN0036.JPG

DSCN0038.JPG

DSCN0051.JPG

posted by 門司病院 at 2019年05月21日 | トピックス
みなさま こんにちは。
昨日は母の日でしたね。。。街中には色鮮やかなカーネーションが溢れていましたね!!
わたくし事ですが、母にはたくさんの愛を注いでもらい、たくさんのことを教えてもらいましたが、なかでも「思いやり」とは何かを生活の中で教えてくれたのは母でした。
様々な患者様・家族、そして関係機関と接していく職業柄、自身のポディショニングは常に考えておかないといけませんがその時に必要になってくるのが想像力と思いやりだと考えています。
他者の人生のひと時に寄り添う仕事であり大事な役割を担っているとの想いをもって今までやってきましたが、、、母の影響が大きかったのかもしれません。
昨日、久しぶりに母とのデートを満喫した私は母の偉大さを痛感し、いつまでたってもダメな娘であり2人の男の子の母でもあるのですが、気持ち新たに母の背中を追っていこうと思った一日でした(*^^*)

posted by 門司病院 at 2019年05月13日 | トピックス
来月から新元号に変わるにあたって、昨年から“平成最後の〇〇”
という言葉をよく耳にしていた印象があります。
平成最後の花火大会、お正月などなど色々ありましたね。

そんななか私事ではありますが、先日“平成最後のお花見”をするべく
下関市のとある公園へ行ってきました。
平成生まれの私にとって、
思い入れの強い平成が終わってしまうことになんだか寂しさもうやだ〜(悲しい顔)を感じつつも、
また来年“令和最初のお花見”を気持ちよくできるように、
仕事でのレベルアップに努めていこうと決心した次第ですひらめき

ソーシャルワーカー2年目を迎える今年度は、初心を忘れず日々新しい知識を身に付け、業務に活かしていきたいと思います目ぴかぴか(新しい)

最後に、当院の前の桜の写真を添えてかわいい
DSCN0150.JPG


地域医療連携室 H
posted by 門司病院 at 2019年04月18日 | トピックス
早いもので、もう3月ですあせあせ(飛び散る汗)
暖かい季節にむかって、心も身体も穏やかに過ごしたいものです(*^^*)

今回は、一歩前へ進んでいこうとされている方を紹介したいと思います。
その方とのご縁は、御主人様の入院に伴い担当ソーシャルワーカーとして関わらせていただきました。
他医療機関で癌の診断を受けておられましたが自宅で生活されていて、ご夫婦ともに自宅退院を希望。
入院後不安定な状態が続き、医療行為も増えていく中でもやはりどうしても自宅退院したい、との希望あり、その想いに主治医はもちろん関係スタッフ全員で寄り添い、自宅退院の調整をさせていただきました。
残念ながら自宅で過ごせた時間はほんのわずかでした。
予想していたより短い時間だった・・・奥様の葛藤がここから始まりました。
「本当に連れて帰ってよかったのだろうか」「間違っていたのではないか」その後、一度主治医と話しがしたいと来られて、「整理がつきました」と言って帰って行かれましたが、その表情からはまだ時間がかかる事が読みとれ、担当ソーシャルの私としてもずっと小さな何かが残ったまま日にちだけが過ぎてしまっていました。

先日、明るい声と笑顔で遊びにきてくれた奥様。
当院が毎月行っている健康セミナーに参加したい、とおっっしゃってくれました。
きっと葛藤は続いているけど、訪ねてきてくれたこと。その事にとても大きな意味があると思い、
これからも続く奥様の日常にささやかでも笑顔や元気を与えられたら、私も前へ進める気がしますかわいい
                            地域医療連携室  M






posted by 門司病院 at 2019年03月01日 | トピックス
いつも大変お世話になっております。
地域医療連携室のHです。
MSWとして勤務しはじめてもうすぐ1年という節目を迎えようとしています目
知識も経験もまだまだ未熟ですが、患者様やご家族様とお話できる
限られた時間を大切に、日々勤務しております。

この度、地域医療連携室の新しい取り組みとして
平成31年2月13日(水)に
「介護従事者・医療従事者研修会」を開催させていただきました。
今回は、当院皮膚科の武 信肇医師より
「褥瘡の診断と治療」というテーマにて実施いたしました。

こちらが研修会の様子ですひらめき
DSCN0037.JPG

DSCN0041.JPG


今回は看護師やケアマネジャー、福祉用具等、多岐にわたる職種の方に
計37名ご出席いただきました!
ご多忙のなか参加していただいた皆様、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
研修会終了後のアンケートには、研修会へのご意見をはじめ、
当院への貴重なご意見もいただきまして、大変感謝しております。

今年は皆様のご意見を参考に、
このような研修会を定期的に開催していきたいと思っております手(チョキ)

まだまだ厳しい寒さが続いておりますが、
今後とも地域医療連携室をどうぞよろしくお願いいたします電話かわいい
posted by 門司病院 at 2019年02月18日 | トピックス
あっという間に年があけて2月に入ってしまいました涙ぽろり

早速ですが・・上記タイトル 【 優しさも強さ 】

これは私事で申し訳ないのですが、少し前から長男がLINEの一言に載せている言葉です。
これを見た時に、私は何ともいえない嬉しさに包まれました花花
毎日の生活の中できっと言葉で教えてもらったわけでなく、16歳にして感じとった彼をとても誇らしく、
それを教えてくれた彼の周りの方々に感謝する次第です!(^^)!
強い人はものすごく優しかったりするし、他人に本当の優しさを提供するには強さも必要です。

母も負けずに目指していこうと思いますぴかぴか(新しい)
                       地域医療連携室 M
posted by 門司病院 at 2019年02月07日 | トピックス
明けましておめでとうございます。                                 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

すっかり年が明けてしまいました。今年はどんな一年になるのでしょうか???
当院は10年間の指定管理者の更新に伴い、さらに今後10年間、特定医療法人茜会での運営となります。
今までやってきたこと、さらにやっていかなければならないこと、各部署ごとに目標、課題があると思いますが地域医療連携室では入退院支援、広報誌の配布、連携会の開催など既存の業務に加えて規模を拡大しての研修会を催したり、地域の社会資源への訪問件数を増やしながら昨年以上に地域医療に貢献していきたいと思っています。そのためには一人一人のスキルアップが必須になります。そして各自のレベルアップとともにチームでのレベルアップも図っていけたらと思っています!!   地域医療連携室  
DSCN0013.JPG


posted by 門司病院 at 2019年01月04日 | トピックス
みなさま こんにちは。  地域医療連携室のMです。
12月に入りましたが、季節を疑うくらい暖かい日が続いていますね(#^^#)

あっという間に今年も終わろうとしています。
連携室ではこの4月からソーシャルワーカーは今までの2人、3人体制から一気に5人体制で頑張ってきましたが、院内、院外の評価はいかがなものなのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
未経験者の新人2人もこの8か月弱で随分と院内になじんで、業務もこなしてくれています!
ソーシャルワーカーになりたくて、一生懸命勉強して、ここで出逢えた事に感謝しつつ来年度も大いに期待しながらちょっとだけ??先輩の私も日々の業務+αを目指していきたいと思いますぴかぴか(新しい)DSCN0006-thumbnail2.jpg
posted by 門司病院 at 2018年12月05日 | トピックス
こんにちは。
医療連携室のMです。
今月は『愛』について考える事が多い一か月でした黒ハート
日々の業務の中で、患者に対する家族の愛のかたちも様々で私たち医療側からの評価、説明、そして考えられる今後の生活スタイル。患者に対する私たちの愛のかたちが必ずしも家族と一致せず、隔たりがある中で支援をしていかなければならない時は本当に苦慮します、それでも家族の気持ちを否定せずに寄り添いながらできるだけの選択肢を提供し、退院につなげていかなければなりません。
おひとり、おひとり 
そのご家族様・支援者 に対して
丁寧に向き合っていきたいと思います(^^♪
posted by 門司病院 at 2018年11月20日 | トピックス
こんにちは!地域医療連携室Hです。
医療ソーシャルワーカーとしてまだまだ未熟な私ですが
たくさんの方々に助けられ、あっという間に半年が経過しました。
日頃よりお世話になっている皆様に感謝申し上げます。

そんななか、つい先日の10月18日木曜日に
プレミアホテル門司港にて
「第5回 門司区在宅医療介護連携会」を開催いたしましたバーぴかぴか(新しい)
今年はケアハウス好日苑・特別養護老人ホーム 好日苑 大里の郷
施設長である渡辺 大祐様に
「ICT、ロボットの利活用について」という内容でご講演していただきました。
DSCN0071.JPG


ICTや介護ロボットなど、最先端の技術を取り入れ実践されているというお話は
とても刺激的で大変勉強になりましたひらめき

その後の懇親会では、お料理を召し上がっていただきながらご歓談いただきましたビールぴかぴか(新しい)

DSCN0165.JPG

IMG_3455.JPG


DSCN0172.JPG


昨年を超える数の関係者様にご参加いただき、
有意義でとても楽しい時間を過ごすことができましたかわいい
参加してくださった登録医の先生方、登録介護施設の職員の皆様へ
心より感謝申し上げます。
更なる連携強化を図っていけるよう日々精進してまいりますので
今後とも、地域医療連携室をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m



posted by 門司病院 at 2018年10月22日 | トピックス
みなさま、こんにちは。

本日、昨年に引き続き糖尿病倶楽部での特別企画
『秋の音楽会るんるん 三線コンサートるんるん』と実施しましたカラオケ

三線を奏でてくださるのは、当院の登録介護施設にもなっていただいている【梅笑庵】の管理者さんが所属する三線教室のメンバーの方です。
短い時間でしたが、快くお引き受けいただき、ありがたい次第です(^^)
受講者の皆様にも大変好評で、来年、再来年と続けていきたい行事になっています。
来年はもっとたくさんの方に素敵な音楽を届けられるように規模拡大を目標にしますexclamation×2                                     地域医療連携室   M


DSCN0001.JPG

DSCN0005.JPG


DSCN0008.JPG


posted by 門司病院 at 2018年10月09日 | トピックス